機械翻訳の可能性と限界を探る―平岡ゆうすけのプロフィール

プロフィール

“Yusuke Hiraoka”
@hyusuke59
所属
関西大学外国語教育学研究科
専攻
翻訳通訳学
研究のキーワード
字幕翻訳/プリエディット/ポストエディット/機械翻訳
趣味
ゲーム/クロースアップマジック
好きな本
”The Fault in Our Stars” John Green
好きな映画
”About Time” Richard Curtis

専攻・専門・興味のあること

翻訳テクノロジー論

翻訳テクノロジー論をメインに研究しています。

もともと、ゲーム機やコンピューターなどの電子機器やインターネットが好きだったこともあって、翻訳研究の中でもテクノロジーに詳しい教授のもとで学ぶことを決めました。

情報の形式がマルチモーダル化してゆく中で、翻訳者やユーザーにとって便利なシステムを探究したい!という気持ちからスタートしましたが、現在では機械翻訳にも興味が湧きつつあります。機械翻訳が持つ可能性と限界を探ることで、言語の本質が垣間見れるような気がしています。その一環として、プリエディットとポストエディットに関する研究をテクノロジー論と翻訳教育の両方の観点から行なっています。広く浅く、時には深く学び、自分のしたいことを軸に勉学に励んでいます。

字幕翻訳論

文字数制限や映像との整合性など、字幕にはいくつかの制約があります。視聴者は字幕だけでなく、映像や音声に触れるため、字幕を読むという作業の負荷を最小限にすることが目標に設定されているからです。実際に、字幕翻訳者は訳出する情報を簡略化したり、時には省略したりすることで、負担の少ない字幕を目指します。僕は実際に字幕翻訳をするのも好きですし、これを研究の対象にもしています。

「平岡 ゆうすけ」が書いた記事一覧

ワカテ翻訳

パラダイムにゆれる翻訳のありかた―翻訳学の流れを概観 教養としての翻訳通訳を学ぶ―翻訳通訳リテラシー 「訳す」ってどういうこと? “resolutionary”をどう訳す?―産業翻訳の概要 通訳者はいつ生まれたのか? なぜ「訳」が悪者になったのか―TILT・翻訳教育論 “Friday 13th”は「13日の金曜日」で良いのか?―形式的と動的 等価は言葉の価値を築きなおすこと―翻訳等価論

Share Study

対外発表一覧

  • 平岡裕資, 山田優. 機械翻訳(NMT)は字幕翻訳できるのか 字幕のための日英プリエディットの検証. 言語処理学会第25回年次大会発表論文集, F4-6, pp. 934-937, 2019.03. [pdf] [slides]
  • 平岡裕資. 機械翻訳(MT)に字幕翻訳はできるのか. 関西大学大学院 2018年度院生合同学術研究大会. 2018.12. [slides]
  • 平岡裕資. 字幕翻訳における ニューラル機械翻訳の可能性とその応用〜ファンサブと自動翻訳の比較と有効なプリエディットの模索〜. 日本通訳翻訳学会第19回年次大会予稿集, B-2, p.22, 2018.9. [slides]
  • 平岡裕資. ポストエディット作業で映画字幕は翻訳できるのか〜ニューラル機械翻訳を用いたモノリンガルポストエディットの実験結果〜. 2018.1. [pdf]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください